Deprecated: Function eregi() is deprecated in /home/nakaki/nakaki.com/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 7568

Deprecated: Function eregi() is deprecated in /home/nakaki/nakaki.com/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 7568
さとの店番日記 :: ××棒
さとの店番日記
2020 / 10   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , trackback
Pageview

Online Status

Profile

あちこちに書き散らかしていた雑文を
一つ一つコピーしていこうと思い
自前のブログを試作してみた。

サイトを作り始めて5年以上
果たしてどんな具合になるかお楽しみ

それから2年..........

Menu

RSS & Atom Feed
さとの店番日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
コーヒー関連
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
アニマルセラピー(動物介在療法)
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゲームあるいはギャンブルに対する考察
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゴミラン管理委員会
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
リンク集
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
正しいサイトの作り方
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
貴金属の鑑定法
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
過去ログ集
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
店番
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
インターネット
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2002/11/20 :: きまめや日記
マスター    「谷口さん、店引き継いでくれないか」
 
わたし          「えっ!」
 (一瞬目が点になった、根っからの天然と言われているわたし、「僕と一緒になろう」っていってんじゃないことはわかっているが、何のことかわからなかった。)
 
わたし           「わたしお店がありますから」
(別のお店(全然コーヒーとは無関係)をやっていたわたしにとっては、「この人何を  考えているんだろう」 と言うことしか思いつかなかった。)  
 
マスター   「コーヒー、好きなんでしょう」 
迫力のある顔で、マスターがたたみかけてきた
 
わたし           「好きですけど」
(バッキャロー、嫌いなやつがコーヒー買うか)、(だからなんだってんだ、コーヒー 好きなら、コーヒー焙煎やをやらなくちゃならないんか)
 
マスター   「あなたは本当に運のいい人だ、こんなに安く店が手に入るなんて」
どっかで聞いたような言い回しで、マスターが続けた
 
わたし 「それって、この店を買えって言うことですか」
「大家さんがいるんでしょう」
(買うのはコーヒーだけでたくさんだってば、今のお店だって四苦八苦だって言うのに、何考えてるのだろうこの人)
  
マスター 「損はさせないし、悪いようにはしないから」
ますます怪しい口調でマスターが続けた
 
わたし 「お金ありませんから」
こっちだって、明日の準備をしなくちゃだめなんだよ、かき入れ時だってのに!
 
マスター  「わかってるから、安くしてあげるんだよ」
全然わかっていない、この人!
 
わたし 「お話は後日ゆっくりお聞きしますので、今日は仕事の続きがありますから」
だんだん腹立ってきた、頼んだ覚えは無いってのに
 
マスター 「じゃあ、あした又ね」
恨めしげな顔で、だがしっかり念を押して、解放してくれた。






翌日の朝、仕入れ担当のおぢさんと、力仕事担当の女の子が店にやってきた。
 
わたし 「昨日、マスターがコーヒー屋やらないかって」
いつもの調子で笑ってくれると思って気楽に声をかけた
 
(^o^)ゞ 「どんな話?」「くわしくおせーてよ」
間髪をいれず
 
「いけますかね」
と真顔で二人が顔を見合わせていた
 
わたし 「もう止めるみたいよ」
軽く聞き流せよ、何そんなにマジになってるんだって!
 
(^o^)ゞ 「もっとちゃんと話をきいてきてちょ」「資料も預かってきてちょ」
リアクションが違うだろ!今が大事な時だってのに
 
「さすがママ、うまくやってくださいよ」
この二人は時々つるむ、確かに2人共コーヒーが好きだが、私にはわからん
 
その日二人は仕事そっちのけで、一日中コーヒーの話と、ネットの話をしていた

all photo

Recent Diary

Recent TrackBack

«« no data | main | no data »»
«« カテゴリ内前記事(サイトを持つと.......) | 正しいサイトの作り方 | カテゴリ内次記事(MSNが始まりだった(インターネットSEO対策その1)) »»
2003/02/18
××棒
バカ棒
  
現場の仕事は、工場製品とは異なり、
周囲の工作物や地形とのすり合わせが必要である

そこで重要な事は、周囲と似たもので連続性を保持しながら
製品を規格どおりに仕上げなければならない事なのである。

現場では、これが日常的に行われており、
そこをいかに安く、きれいに仕上げるかは
、重要なポイントなのである。

その為には、既存の工作物や、土質、等に対する
深い造詣と経験が必要なのであり
図面どおりには行かない世界
学校ではまったくと言っていいほど教えない部分なのである


現場の名称で「バカ棒」と言う用語がある


同じサイズのパイプや、木材を多数必要とするとき、

 1.必要なサイズを、きちんとした測定器で計測

 2.工場へ帰って図面を引き、切断機を決まったサイズにセットし
材料を揃えてから順次加工していく。

 3.現場に搬入

これが普通の行程だが

現場では、これが何種類ものサイズと、何種類もの材質に亘って
製品の製作中に、必要がでてくる。
そしてすり合わせの部分であるから、当然図面には存在しない。
従って、時間的な見地から、現場で作製した方が有利と判断し、製作する

どうやって製作するかといえば

現場では通常、測定する部分に必要な材料をあてがい、1つ作る
1つで済めばオーライ
2つの場合は、きったものを又あてがって、次のものを作る
3つの場合ははじめの物をあてがって、3つ目を作る

このとき重要な事は、絶対はじめのものは製品には使わない事なのである
このはじめのものを「バカ棒」と呼ぶ

この一連の作業の中には、数字が一つも出てこない
従って精度が落ちることはない

測るという行為は、一つでも少ない方が、精度が落ちないと言う事を
普通の人は気がつかない
まして、数字にしてしまえば、あたかも正確の様に見られてしまう

現場に整数など、個体数以外には存在しないと言うことすら認識できていない。


いかに正確なものを工場で製作しても、測定誤差は、カバーしてくれない。
全部不良品となったりする可柏ォがあるし
失った時間は取り戻せないのである。

「バカ棒」を使いこなす為の迫ヘは
会話迫ヘと、通常の手足があればよい。

現場にはこのような種類の測定法が
多数存在しているし、重要なのである

posted at 2006/04/18 18:17:34
lastupdate at 2006/04/19 18:43:10
修正
 
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks