Deprecated: Function eregi() is deprecated in /home/nakaki/nakaki.com/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 7568

Deprecated: Function eregi() is deprecated in /home/nakaki/nakaki.com/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 7568
さとの店番日記 :: 文字化けひどす(アニマルセラピーって何だ?)
さとの店番日記
2017 / 09   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
meaning of mark :: nothing , trackback
Pageview

Online Status

Profile

あちこちに書き散らかしていた雑文を
一つ一つコピーしていこうと思い
自前のブログを試作してみた。

サイトを作り始めて5年以上
果たしてどんな具合になるかお楽しみ

それから2年..........

Menu

RSS & Atom Feed
さとの店番日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
コーヒー関連
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
アニマルセラピー(動物介在療法)
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゲームあるいはギャンブルに対する考察
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゴミラン管理委員会
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
リンク集
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
正しいサイトの作り方
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
貴金属の鑑定法
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
過去ログ集
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
店番
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
インターネット
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2006/04/04 :: 最強のゴミランあるいはマックスウェルの天使
もう消失してしまったサイトだが、昔ゴミラン管理委員会というサイトを作ったことがあった。

作った動機は、一種のカルチャーショックを受けて、今まで知りえなかった主婦の実態を
別の角度から見るようになったからである。

買い物症候群、ADD(注意欠陥障害..そういえばなんとなくAATと関係が...ないか)
の書籍や、サイトをかなり詳しく調査、研究し
おぼろげながら心理がわかるようになった。

そして彼女たちを、ゴミランと密かに命名した
(店のパートのおばちゃんたちもみんなゴミランだと気づくには時間がかかった)

ゴミランたちの特性は、とにかく物を欲しがることである
「かわいい」という単語の深い意味もその時知った。

わたしはいつも「かわいくないわね〜♪」と呼ばれ続け、それを誇りにしていたのだが
実は大きな間違いだということを発見したのもそのころであった。

持てない自分がそういう行動をとってしまったのであろう。今は反省している
しかし、いまさらかわいくなれという方が無理だということも百も承知だが
せいぜい「かわいいおじいちゃん」ぐらいにはなりたいとはおもっている

そんなワケで

うちのオーナーはその中でも最強の蒐集家であった。
そこで、最強のゴミランと名づけたのだ
どのように最強かというと........

all photo

Recent Diary

Recent TrackBack

«« 科学的方法 | main | 書き込みテスト »»
«« カテゴリ内前記事(no data) | アニマルセラピー(動物介在療法) | カテゴリ内次記事(動物介在療法とアニマルセラピー検索) »»
2006/03/23
文字化けひどす(アニマルセラピーって何だ?)
先日ニューヨークから帰国した相方がサイト作りをしたいということで
協力を約束した。

ニューヨークへ立つときは、日本ではまだ未開拓な分野である
虐待されている動物を癒す施設に勉強に行くと言っていたはずだったが

相方は忘れてしまったのか、奥が浅いのでやめたか判らないが
現在では、動物によってヒトを治療をする方向になってしまった。


検索と書籍選びは得意のジャンルなので、安請け合いをして
アニマルセラピーの文献と研究施設を探すことになった。

簡単に考えていた私が甘かった

先日書いたように、先ず検索が使えない
コーヒーを調べていた時よりヤバイ。

コーヒーはアマとプロがはっきりしていたし、そう簡単に素人は薀蓄を語れない

通常、専門用語を検索すればすぐ急所に当たるはずなのに
アニマルセラピーなどという単語は陳腐化しすぎて、話にならなかった

アニマルセラピーは動物を飼っているヒトが全て対象になる
野良犬だろうが、飼い犬だろうが連れてくればセラピー活動していることになるのだから
誰でも簡単に活動報告が書ける。(小学生でも書いてる)

その上、担当官庁が複数にわたり、学会などまだ設置できる状況に無い
本も読み物ばかりで、学術書が無い。


専門家も各ジャンルから輩出していて、どれがどれだかわからない状態である
(大体専門的な知識がないのに、手をつけるのもアレだが)

本業が現場なのに、まったく馬鹿なものに手を出したと後悔したが後の祭りだ
ただ、突っ込みどころ満載のこのジャンルはなかなか笑わしてくれるので、
しばらくはモチベーションは下がらないだろうと思ってはいる
posted at 2006/04/19 21:43:19
lastupdate at 2008/09/22 23:21:44
修正
 
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks