Deprecated: Function eregi() is deprecated in /home/nakaki/nakaki.com/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 37

Deprecated: Function eregi() is deprecated in /home/nakaki/nakaki.com/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 37

Deprecated: Function eregi() is deprecated in /home/nakaki/nakaki.com/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 37

Deprecated: Function eregi() is deprecated in /home/nakaki/nakaki.com/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 37

Deprecated: Function eregi() is deprecated in /home/nakaki/nakaki.com/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 37

Deprecated: Function eregi() is deprecated in /home/nakaki/nakaki.com/public_html/pplog2/pplog2func.php on line 37
さとの店番日記
さとの店番日記
2003 / 04   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
 
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
19
S
 
20
S
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
meaning of mark :: nothing , trackback
Counter
total : 123083
yesterday : 155 / today : 041

Online Status

Profile

あちこちに書き散らかしていた雑文を
一つ一つコピーしていこうと思い
自前のブログを試作してみた。

サイトを作り始めて5年以上
果たしてどんな具合になるかお楽しみ

それから2年..........

Menu

RSS & Atom Feed
さとの店番日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
コーヒー関連
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
アニマルセラピー(動物介在療法)
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゲームあるいはギャンブルに対する考察
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ゴミラン管理委員会
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
リンク集
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
正しいサイトの作り方
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
貴金属の鑑定法
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
過去ログ集
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
店番
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
インターネット
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

Recent TrackBack

2003/04/25
無農薬あるいは有機栽培


─食糧危機─


 声高に「有機栽培」「無農薬」「環境ホルモン」「ダイオキシン」「有害物質」
という単語を並べて、現在の食料、環境事情を憂いている人々が増えてきている。

 内容はともかく、その人たちは果たして本気に地球のことを考えているのだろうか、
私には、自分のことしか考えていないように思われてならない。
 現在、この地球に、正に餓死しようとしている人たちが何億もいるというのに
自分の口に入れるものだけは、高い対価を払っても
安全なものが欲しいと、いっているだけに過ぎない。

 僅か数諸N前、わが国にも餓死者はいっぱいいた
そして、食料の確保のためには、病害虫から、農作物を守る農薬、
天災から強い作物を作る為にも、実りが豊かになるためにも、
化学肥料は非常に有意義であったことは否めない。

「今そこにある危機」が食料不足であった

 今世界の主要穀物は、大豆、小麦、とうもろこし、これらの主要輸出国は
、アメリカを除いては、殆どが南半球で占められている。
自分たちは飢えているにもかかわらずである
統計的に、現時点で何億もの人たちが戦後の日本のような状況下にある。

「今もそこにある危機」なのである

人類にとって、主要なのはそれらの人達の健康であって、
成人病が蔓延し、飽食している北半球の人間の事ではないと言いたい。


─生物資源の循環─


色々環境問題を論じている中に、生物の循環を唱える方々がいる
生物は相互に関連しあって生きており、
どれ一つが欠けても循環が難しいと言う事である
これを、地球規模で論ずる事にまやかしがある

生物が自力で移動できないような距離を、現在の物流は軽々と行ってしまう
すると、南半球から北半球への、食品の移動はその連鎖を断ち切る事になる。
言い換えれば、生物にとって必要なもののみを、
北半球は南半球から収奪している

農作物は毎年取れると思っているのは、魚が減る事はないと信じていた
昔の日本人と同様である
主食ならまだ良い、再加工しても、食料として戻す事も可狽セから

しかし、香辛料や、趣向品は換金作物であるが、カロリー源とはならない場合が多い
そしてその特異性により、特別の元素を必要とする場合が多い。
従って、単作地帯は、必ずそれが不足する。
詳しくは分からないが、むしろだからこそ、南半球に作らせているのかもしれない

昔みたいに近所で肥料として使用し、近所で墓に埋めれば、循環する可柏ォもあるが
誰も南半球に行って排便したり、墓を作ったりしないだろう。
そうなれば、特定の元素が不足する事は間違いない 

様々な海流があり、おびただしい量の水が常に移動している海でさえ、
資源の不足が叫ばれているのに、
地浮フ元素の移動が、その土地にとってどれほど致命的かわかるはずである。
自分の食料分なら焼き畑でもかまわないが、
換金作物として栽培している農作物に使用したら、
あっという間にそこらじゅうが砂漠になってしまう

それでも北半球の人は、もっと作れ、作れと大騒ぎをしている。
その上、今度は少しばかりの金を、目の前にぶら下げ、
無農薬、有機栽培だと自分たちの都合を押し付けようとしている。

一生懸命耕せば、特定の元素が戻ってくると信じている人たちは、
錬金術師、または、詐去tと言えよう。

自分はそんな大それたつもりはないといいたいところだろうが
全世界のみんなが、車1台もてばどういうことになるか、と言う議論がここにも出てくる

自分たちは使う権利を有していると思ってる、北半球人独特の思考体系である
省エネより、使わない事の方が簡単なはずなのに、いかに使おうかを論じている。


─再び農薬─


ではどうして生産が続けられるかと言えば
近所にある化石燃料から特定の元素を補完しているだけである
これが所謂、農薬や肥料なのである
自分たちの口に入らないものなど、何でも入って当然、
本当に 「クャNラエ」 である。
人の土地に行って、ああだこうだいって、何が「人類の未来のため」か
「あたしのため」しか感じ取れない私は、やっぱりおかしいのだろうか?

有機栽培万歳の方々に問いたい、餓死寸前の人たちに向かって、
「子供たちの将来に、危険が及ぶといけないから」と言って、
握り飯を捨てる度胸があるのか

まして、どうでもいい趣向品にそれを求めるのは、まったく筋違いと言える。
「だったら、使うな」

単なる付加価値の上昇(金儲け)の為に、南半球の資源を奪うなということである


posted at 2006/04/18 18:13:29
lastupdate at 2006/04/18 18:13:29
修正
|| trackback (0)
 
2003/04/20
─当時の背景─


農業を営む人々は、衣食住のうち、食住については、何とかしのげるが
衣(現在では文化の意味が含まれているといえよう)については、
ニーズを満たすことはなかなか難しい。

要するに、食住が現物支給である分、現金が不足するからである。
そこで、換金作物が必要になってくる

食には重要ではないが、現金が手に入る作物である。
わが国の歴史の中では、綿花、香辛料、観賞用の草木、等がそれであった。
主食の生産が余剰な地方では、盛んにこれらを栽培して、現金を手にした。
しかしこれは諸刃の剣であった。

ニーズが一定しないということと
商人に換金を依頼しなければならないことであった。

口に入るものは、その当時の生産力では
ギリギリの状態で、余剰在庫など考えられなかったため、作れば必ず消費された。
換金作物はそうではなかった。

ニーズが一定しない買い上げ値段がそれによって変動するのである。
そして後には、そこを商人に突かれ、指値で買いたたかれるようになった。


─まだまだ足りん─


後に商社となってゆく商人たちは、さらに儲け方を考えた。
買い上げを約束し、資金を貸し、技術指導をし、
見返りに労働力を事実上無償で提供させた。

 当然収穫時は、捨て値で買い上げ、さらに金を貸し付けた。
情報は商人に独占されているため、農民たちは相場など知る由も無かった。

 飢饉が起こったときは悲惨になった。
本来食物を作るべき農地に、無用のものが栽培されているのである。

ともすれば、換金性があるため、一等地に作付けされていたりもしていた。
穀類を植えつけていれば、餓死者の何割かは
生き延びれたであろうことは、助ェ推測できよう。

商人たちにとって、 良い生産者は、常に貧困にあえぐ農民たちであった。
手元に余裕も無く、明日の収入欲しさに、言いなりに証文に捺印せざるをえなかった。
飢饉のときに役に立たない作物は、買い叩かれるしか道はないのである
posted at 2006/04/18 18:10:40
lastupdate at 2006/04/19 18:41:04
修正
|| trackback (0)
 
2003/04/18

その1

当店にはストレートの生豆が、28種類ある
これを、最大4種類、配合比を10パーセント刻みで配合すると

果たして何種類のブレンドが作製できるのであろうか。

そして、これを焙煎度を3段階とし
ロットのぶれを2回
焙煎方法のぶれを3回とした場合

1日に何杯飲めば、
1年間で総てのブレンドのテースティングが可狽ネのだろうか


その2

通常コーヒー豆の取引は1袋70kgで取引されております
コーヒー豆1粒の重さは
種類と含水比によってかなり異なりますが
通常0.1グラムから0.2グラム位です

よく言われる欠点豆が仮に20パーセント混入しているとして
袋から8時間で全部取り出すには
1分に何個ピックしなければならないのであろうか


その3

コーヒー豆の焙煎後の重量はおおむね0.1グラムです
コーヒー一杯に使用する豆の量は
8グラムから12グラムが目安とされています

10杯のうちの9杯に欠点豆が入ら無いようにするためには
残留欠点豆の混合比を何パーセントまで
正確に行わなくてはならないのであろうか


その4

コーヒーの木の成長は熱帯にしては極めて遅く
初めての収穫が5年後と言われている

又収穫はその後長期にわたって可狽ナ樹齢20年ぐらいは
採取できると言う事になっている
種類によって多少のずれはあると思うが
もし、採算ベースが、7年ぐらいからとして

品種の改良は1年草のものと
販売ベースで
(新商品として市場に出回る程度の生産量になるため)

20年間にどのぐらいの世代差が
顕れるのであろうか

posted at 2006/04/18 18:07:01
lastupdate at 2006/04/21 8:06:39
修正
|| trackback (0)